子供がわきがだと気付いたら、親がとるべき3つの対策

娘は小学4年生です。

先日、娘から私と同じワキガのニオイを感じたんです。

私がワキガになったのは中学生の時ですから、かなり早いと思います。

何気なく娘に近づいてみると、ワキガ特有のツンとしたニオイを感じました。

間違いありません。娘もワキガだと思います。

こんな時、親としてどんな対策をとればいいのでしょうか?

子供がわきがだった場合、親がとるべき3つの対策

きちんとニオイのことを話し合う

臭いがあるということを、娘にも知ってもらうべきだと思います。

親だけがやっきになって、娘は何も知らないというのでは、ワキガ対策はできません。

ワキの臭いがすることを、普通に話すことがいいと思います。

ただ、娘も小学4年生です。お友達との関係や、いろいろデリケートな部分はあると思いますし、その点はとても心配なのですが、なんとか乗り越えてほしいと思います。

「汗をたくさんかいたら、消臭スプレーをしたり、お風呂上りはデオドラントを使ってみよう。」と毎日の習慣としてとらえることが、正しいケアにつながります。

食生活の改善

食生活によってもワキガのニオイは違ってくるそうです。

肉食中心の食生活はニオイを強くするということを、私は最近知りました。

今までわきがは体質だとあきらめていました。

でも、食生活を注意するだけで、ワキガ体質でもニオイがない人もいるんです。

クリニックの先生に聞いたところによると、食生活の欧米化で、アポクリン汗腺の大きさは、昔に比べて大きくなっているそうです。

肉や乳製品は、アポクリン汗腺の働きを活発にします。

肉はなるべく控えて、魚や野菜中心の食生活にしましょう。

そうするだけでも、ニオイが全然違ってきます。

子供も、なるべく魚など和食を中心のメニューにしたいと思います。

子供でも使えるデオドラント製品を使ってケアする

子供のデリケートな脇にも使えるワキガ対策製品を使いましょう。

オドレミンを使ってみたところ、娘の肌が荒れました。

塩化アルミニウムは肌荒れを起こしやすいそうです。

私もだめだったんですが、娘もだめでした。

私が娘と使っているのは医薬部外品のクリームです。

お肌に優しい成分でできていますので、肌荒れすることもありません。

むしろ美肌になったような気がします。

私は、毎日クリームを塗るのを習慣にしています。

朝と夜はクリーム、昼は消臭スプレーというのが、一番効率のいい使い方でした。

わきが対策クリームの選び方

成分の安全性にもこだわっているものを選びましょう。

子供でも使用できると書かれているものがいいです。

市販の制汗剤のほとんどはワキガの原因菌に対応しませんが、医薬部外品のクリームなら、ワキガの原因菌を殺菌してくれます。

これで汗をかいても分解する菌がいないので、臭いが発生しないんですね。

日本製の医薬部外品であることも安心のポイントです。

子供は手術できない?

子供がワキガだったら、すぐに手術を受けさせたいと思いますよね。

でも、成長期の子供が手術をしても、アポクリン汗腺が成長して、高確率で再発するといわれています。

手術は高校生になってからにしましょう。

それまでは、自宅で医薬部外品クリームでのケアをするのがいいですね。

クリームでも、ワキガ菌を殺菌してくれますので、かなりニオイを抑えられます。

早いうちからケアをしていれば、ニオイの問題でいじめられたりトラウマになったりすることはないでしょう。

ボトックス注射は有効?

ボトックス注射は子供でも打てます。

ただ、効果は半年ほどしかもちません。

しかし、確実に汗を止める効果があります。

定期的に注射することが可能なら、子どものうちは試してみるのもいいでしょう。

ただ、1回6万円と少し高額なので、経済的な事情が許す限りとなります。

うちはちょっと厳しいので、クリームでニオイを抑えています。

フルーツジュースがニオイを抑える?

果物を積極的に食べることで、体臭を抑えられることがあります。

特に、リンゴ、バナナ、イチゴ、ブルーベリー、スイカ、パイナップル、梨 などが、おすすめです。

最近では、ワキガの研究も進み、ニオイ発生の仕組みも徐々に解明されつつあります。

体内の「アポタンパク」という物質の生成を抑えれば、ワキガ臭を防ぐことができるという報告がなされています。

このアポタンパクを減らす働きを持っているのがリンゴの繊維質だと言われています。

フルーツジュースには、リンゴを使うようにしましょう。

小学生の女の子はニオイに敏感

小学生の女子は体臭やニオイ、容姿に敏感になるお年頃です。

もちろんニオイにも。

臭かったらくさいとはっきりいってしまうので、言われてしまうとショックを受けることもあるでしょう。

開き直ることができればいいのかもしれませんが、小学生では難しいでしょう。

休み時間にドッヂボールなどをするとすぐ汗をかいてしまう小学生。

それは男の子でも女の子でも同じです。

汗臭さではなく、ワキガのニオイがすると、いじめの対象になりやすいでしょう。

変なあだ名で呼ばれたら大変です。

一度ついたイメージはなかなかとれないので、しっかりニオイケアした方がいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です