ワキガ 再発しても泣き寝入りがほとんど!私の体験談

わきが手術が再発した例もあとを絶ちません。

わきがが再発しても、「気のせいだ」と言われたり、訴訟をしても勝ち目がなかったり、泣き寝入りするしかありません。

ニオイは、主観であり、あいまいなものだからです。

ワキガ手術で失敗しないために、クリニック選びが大切です。

私の体験談を参考にしてみて下さいね。

傷跡がひどいことになってしまいました

体質は、多汗症、毛深い、鼻につく臭いはありません。社会人になってから脱毛エステに通うようになったのがきっかけで臭いを感じるようになりました。

麻酔をうち、切開し医師が思いっきり皮膚を引っ張りめくり返した時に、激痛が走り『痛いんですけど』と言うと、『えっ?!そんなことはないはずだよ』と言われました。

痛かった所をマッサージして『どう?まだ痛む?…おかしいなぁ~』というのですが、施術をする医師が麻酔の調整もできないのかな、とその時点から不安を感じました。

続けて左に移ったのですが、先程の痛みはありませんでした。

不安は的中。

やっぱり思っていることが現実になるんですね。

施術後、帰宅し痛みも増してきたので、止血剤と鎮痛剤を飲みました。

痛み止めはあまり効かなかったのですが、副作用で気分が悪くなりました。

タイオーバーを外せるまでがつらかったです。

その後、汗は出なくなりました。驚くほどです。

臭いは信じられないことに施術前より術後の方がキツくなりました。

これは思い過ごしでもなんでもありません。

精神状態も正常です。

周囲の反応も以前よりも大きいです。

傷跡は汚いです。ここに載っている方々よりも、見た目があり得ないくらいに。

腕は上がりますが皮膚がよれて引きつっている感じです。

担当医師には思い過ごしだと流されてしまいました。

しまいにはあなた精神病院行った方が良いんじゃないのまで言われました。

自分のミスを認めない人間にそんなことを言われ、何も言い返せず泣きながら帰りました。

再発した場合は低額で施術しますと言われましたが二度と関わりたくないと思いました。

最初はクリニックを訴えようと考えましたが、金銭的な問題から断念しました。

それに高額を支払い勇気を振り絞ってやったのだから、時間が経てば臭いが弱まるかもしれないという可能性を信じたいと思いました。

退職するまでの生活(通勤中やオフィス内の周囲の態度と言動)に耐えられずによく泣きまくってました。

その後病院をいくつかまわり、相談してみました。

その中で、できる限り切らずに薬で治すという医師に出会いました。

皮膚科/形成外科の、個人医院です。

先生は、殆どの患者さんは切らずに治ったと言います。

何故もっと早くに出会わなかったのだろうと思いました。

傷跡も治したいのですが、最優先はやはり臭いを減らすことです。

手術は肌寒い季節にするのがベストです。

多くの病院/クリニック等でカウンセリングを受けてください。

(しつこいくらいに気になることは全て質問した方が良いです)

私は病院選びに失敗しましたが、ネット上でも多くの体験談が紹介されています。

ネットとカウンセリングでじっくり検討してから決断してください

金銭面で余裕の無い方は迷わず保険適用の病院を選ぶのがいいと思います。

8か月で再発しました。

手術終了後、脇を圧迫固定し10分くらい歩いたところに車を駐車していたのですが、車に乗る頃に、左の腋がピリピリしました。

手術したんだし少しくらい痛いのは当たり前か?!と思っていましたが、翌日、医院を訪問し脇の確認をしたところ、うまく閉じられていなかったようです。

出血が溜まってしまい、その出血を指で押さえて血を出す形になってしまいました。

最悪の場合、再度脇を開け、閉じることになるそうです。

その後、右の傷は多少わかりますがきれいに直ったと思います。

でも、左はミミズ腫れのようになり、色も黒く時々脇を上げる瞬間にピリッと電気が走ったような痛みもあります。

ノースリ・水着は絶対無理なレベルです。

術後8ヶ月で、再発したような臭いが時々ありました。

洋服を臭えば当時は洋服からの異臭はありませんでした。

医院で、「再発したような気がする」と伝えたときは「気のせい・敏感になっているだけではないか」と促され今に至ります。

今は確実に再発しています。

洋服にも臭いがうつっているのを確認できます。

この臭いについては、術前100だとしたら術後40くらいです。

汗ジミは全くなく、衣類が変色などもありません。

汗の量については、術前と変わらないような気がします。

最後に手術の執刀医に関してですが、副院長よりは院長の方が腕は確かだと思います。

副院長は動作が慣れていないような、まだ経験を積んでいく上での段階というような感じがしました。

脇を閉じるのに、院長の倍の時間を要しました。

 

再手術をしました。

匂い、黄ばみ、汗もあったので再手術を決意しました。

仕事を長期間休む事も出来なかったため負担の軽い超音波法で再手術しました。

手術は簡単です。麻酔を打ち吸引していくだけです。

カウンセリングや、手術の待ち時間の長さは異常でした。

予約時間に行っても2~3時間位毎回待っていました。

でも、あっという間の手術。30分程度でした。

これで90万円?という感じでした。

内服薬は化膿止めの抗生剤(たしかケフレックス)内出血しないように血管強化(アドナ)あとは痛み止め(ボルマゲン)を貰いました。

汗が感じられるようになりその後においもありました。

再びカウンセリングに行くと「再発はしてないです。気のせいです。」

もう一度相談に行きましたが、「鼻を近づければ誰でもにおう。」などと言われました。

食い下がると「医療は完璧ではない。」とものすごく不誠実な対応をされました。

消費者センターにも相談をしたのですが、裁判での勝訴は難しいと言われました。

再手術もうまくいかなかったので、一体どうしたらいいのか、考え中です。

 

わきが クリニックでオススメはどこ?クリニック選びは慎重に

わきが手術でクリニック選びはとても重要です。

クリニック選びのポイントは次のことに気を付けましょう。

手術に1時間以上かけて丁寧に行っているか?
圧迫を充分しているか?
手術料金が適正か?(目安としては25万円~30万円程度)
アフターケアは行っているか?
カウンセリングは充分にしてくれるか?

クリニック選びを間違えると、再発したり、傷跡が残ったりと、大変な後悔が残ります。

失敗しないように、慎重にクリニックを選びましょう。

それでは、いろいろあるクリニックの中で、人気のクリニックの手術法と金額、特徴を集めましたので参考にしてみて下さいね。

アイリス美容外科(東京都渋谷区)

手術法皮弁法

手術時間片ワキで1時間程度

費用保険3割負担で両脇で4万円

局所麻酔

保険適応

入院施設なし

ワキ毛あり。ところどころ極微量ですが生えてきています

あさひ美容外科(大阪府大阪市北区堂山町17-15)

手術法あさひ式皮下組織剥離法

手術時間両ワキで40分前後

費用約40万 ※手術後の診察費・薬代含む

分割払いOK(クレジットカードは不明)

麻酔局所麻酔

保険×適応外

入院施設なし

ワキ毛ほとんどなし

備考

デメリット(傷が残る恐れ、再発)に関して全く説明がありませんでした。
「半年ほどで傷はほぼ消えます」とのことでしたが、5年経過しても色素沈着がひどく一生人に見せられない体になりました。
「仕事も翌日から普通にできます」と言われたけど圧迫固定が「アメフト」状態で人前になんか出られないのが現実でした。
脇の汗のにおいは人間なら誰しもあります。わたしはもともと多汗のオペでしたがにおいが100%無くなりました。それは感謝しています。
包帯を取ったときは恐ろしい状態でした。
内出血に加え、広範囲が青黒くなってひどい状態でした。

稲葉クリニック(東京都杉並区阿佐ヶ谷)

手術法イナバ式削除法

手術時間両ワキで40分前後

費用23万1千円 ※手術後の診察費・薬代含む

分割払いカード各種

麻酔局所麻酔

保険×保険適応外

入院施設なし

ワキ毛ほとんどなし

デスクワーク程度通常通り

リハビリなし

入浴ワキ以外 ※自分で洗髪は難しいかも

恵比寿ガーデンクリニック(東京都渋谷区恵比寿町)

手術法超音波ワキガ手術

手術時間両ワキで40分前後

費用約60万※手術後の診察費・薬代も含む

分割払いNG ※一括カード払いOK

麻酔局所麻酔(カリフォルニア式)

保険×保険適応外

入院施設なし

ワキ毛あり(説明ではなしだった)

固定圧迫固定

運動腕が動かせる

デスクワーク程度 通常通り

リハビリなし

バンザイの練習 ※説明はなかった

神奈川クリニック(千葉)(千葉県千葉市中央区)

手術法ウルトラプレシジョン法(超精密組織削除法)

手術時間両ワキで約2時間

費用35万 ※手術後の診察費・薬代含む

分割払いカード各種

麻酔局所麻酔
(麻酔注射の痛み軽減のための麻酔ガスもアリ)

保険×保険適応外

入院施設なし

ワキ毛ほとんどなし

麻酔ガスのおかげで、麻酔注射の痛みをほとんど感じませんでした。
手術中はヘッドフォンでCDをかけてくれました。お気に入りのCD持参がいいです。
期間限定のキャンペーン(20%OFFなど)があります。

固定圧迫固定

運動安静デスクワーク程度

リハビリなし

入浴ワキ以外

五味クリニック(東京都新宿区)

手術法直視下剥離法

手術時間両脇で2時間

費用約30万(薬代、抜糸までの診察代込み)

分割払いOK、クレジットカードは不明

麻酔局所麻酔

保険×適応外

入院施設なし

ワキ毛「ほとんどなし」とのこと

固定圧迫固定

薄いガーゼでの固定

運動安静

デスクワーク

リハビリなし

バンザイの練習 運動以外の普通の動作 通常通り
入浴ワキ以外のシャワー
※自分で洗髪は難しいかも

聖心美容外科 名古屋院(愛知県名古屋市)

手術法マイクロリムーブ法

手術時間両ワキで40分前後

費用約24万
※手術後の診察費・薬代も含む

分割払いカード各種

麻酔局所麻酔

保険×適応外

入院施設なし

ワキ毛まだ分からない

固定圧迫固定

薄いガーゼでの固定

運動安静デスクワーク程度(難しいかも)

入浴ワキ以外のシャワー
※自分で洗髪は難しいかも

東京整形(大阪府大阪市)

手術法煎除法

手術時間両ワキで60分前後(準備とかいれると1時間半ぐらい)

費用保険適応で4万ぐらい

分割払いNG

麻酔局所麻酔

保険●適応

入院施設なし

ワキ毛少しあり

固定圧迫固定

運動安静デスクワーク程度

入浴ワキ以外のシャワー ※自分で洗髪は難しいかも

虎ノ門形成外科・皮膚科(東京都港区西新橋)

手術法せん除法

手術時間両脇で2時間くらい

費用保険3割で4万以下
※手術後の診察費・薬代含む

分割払いNG

麻酔局所麻酔

保険○保険適応

入院施設なし

ワキ毛現時点では判別不能

約3週間後通院

手術通院

固定圧迫固定

運動安静

リハビリ状態により

入浴状態により

ワキガ 治療方法|ミラドライの体験談とデメリット

ミラドライは、多汗症の治療法のひとつです。

全国の皮膚科や美容外科のクリニックに導入されています。

この治療法は、夏の時期などに汗のにおいに悩まされている女性にとって、非常に画期的なものです。

治療効果が長く続くことが利点として挙げられます。

ミラドライの安全性についても、国内の医療機関や研究機関からも認められています。

もはや多汗症の根本的な改善を目指すためにもなくてはならないものとなっています。

また、ミラドライの効果はわきがの人に対しても一定程度有用であることが分かってきており、優れた医師による治療を受けることが望まれています。

ミラドライは全額の自己負担が求められるため、30万円ほどかかります。

ミラドライも選択肢の一つ

ミラドライはワキを固定する必要もないので、魅力的な手術方法です。

すぐシャワーも浴びられるというところもいいですよね。

私は昔から汗と匂いが悩みでした。

大人になって緊張しただけで汗が出たり、服に染み付く匂い、グレーの服を着ると汗が目立つなど憂鬱になりました。

でも、この悩みが短時間の手術で解決するならいいな、と思い、調べてみました。

ミラドライの手術手順は?

ミラドライは、上半身は何も着ない状態でその上からタオル地の布を巻きます。

ベッドに仰向けで手を上げて麻酔の注射をします。

麻酔注射は、回数が多く、グリグリ中に注射が入ってくるので辛いようです。

注射が終わるとミラドライが始まります。

全く痛みはなく、目隠しされたので、寝てしまいそうになります。

来院して2時間くらいで終わります。

クリニックによって違いますが、個室で説明をうけて、別室に移動して先生からの説明やカウンセリングがあります。

脇にティッシュを挟み汗と匂いをチェックされます。

その後別室に移動し支払いをして完了です。

施術が終わると少し冷やして着替えて塗り薬飲み薬、アイスパックをもらいます。

全く痛みはないようです。

ワキが水膨れみたいにボコボコした感じでテニスボールを挟んでる感覚になることもあるようですが、すぐに元に戻ります。

ミラドライの体験談

高校生のころから脇のニオイが気になりだしました。

ワキガではないと思うのですが、汗をかいた時に嫌なニオイがします。

大学生のころから本格的に治したいと思っていました。

手術になると高額ですし無理だなと思っていました。

そんな時、テレビでミラドライを知りました。

そこから調べてみるとメスも入れないし、安い金額ではないですが、これで悩まなくて済むなら、と思いました。

注射が大嫌いでで、この施術を行うにあたって麻酔をするので仕方ないのですが、そんなに痛くはありませんでした。

でも、注射が大嫌いな私にとってはつらかったです。

かかった時間は全部で2時間程でした。

半分ぐらいは麻酔の時間でした。

でも、先生も声を掛けながらして下さいましたし、私のペースでして下さいました。

クリニックに着くと、お会計がありそこから案内され施術という流れでした。

施術の前にも受付の人に術後の気をつけることの説明がありました。

部屋に入ると着替えてベッドに寝転ぶ→タオルを掛けられマーキングをされる→写真を撮って消毒される→麻酔の注射をされミラドライをするという流れです。

部屋に入って横を見ると麻酔の注射器の用意がされてあってその数は多かったです。

当日は安静という事で、何もしなかったです。

麻酔が切れてきたら痛みがあると聞いていました。

その痛みも人それぞれと聞いていたのでどんな痛みが襲うのか、、と怖かったです。

一応痛みが出たときにと痛み止めを貰いました。

私は痛みはそんなになかったです。

麻酔のせいなのか眠気がありアイシングをしながら早めに寝ました。

痛み止めを飲むことはありませんでした。

痛みは当日の夜と次の日にあると言われていましたが、次の日になった今も薬を飲んでないですし、今後飲むようなことは起きなさそうです。

まだ脇と腕もぷるぷるです。腫れが引くのはまだ時間がかかると思います。

内出血ですが、全然出ていなませんでした。

ミラドライのデメリットは?

緊張汗がひどく、匂いが気になっている人が選んでいるミラドライ。

ミラドライというのは機械の名前です。

父の影響で耳垢も湿っていて汗も黄ばんでいたし、家族に指摘され辛い思いをしているワキガの人の悩みを救うために開発されました。

ただ、デメリットとしては、再発することがあるということです。

また、麻酔注射をするので痛みはありませんが、術後には痛みが出るということです。

3時間麻酔が切れてからジンジンしてくるという人もいます。

また、もう一つのデメリットは、近所にミラドライしてくれるところが少ないということです。

遠くまで通う必要があるという人も多いですね。

効果は永続的ですが、三ヶ月、六ヶ月経たないとわからないようです。

施術自体は痛くなくて、術後が痛いです。

 

わきが手術でおすすめの方法はどれ?手術の種類について徹底解説

ワキガ治療には実に様々な方法があります

多くの方法があるということは、ひとつの方法で解決することができないということです。

それぞれの治療に一長一短があり、病状に応じて適切な方法を選択しなくてはなりません。

一般的にわきが手術後のダウンタイム(仕事、運動や入浴などが制限される)期間が長いほど効果が高いといえるでしょう。

なぜなら皮膚に負担を与えるほど徹底的に汗腺を除去するからです。

皮膚への負担の少ない方法から紹介します。

腋の毛を針脱毛(電気脱毛)する

脇の毛の毛穴に沿って絶縁針を挿入し電気を通電することによって永久脱毛ができます。

「小林式絶縁針」では同時に毛穴のところのアポクリン腺の一部を焼くことができます。

この操作によって汗の量とニオイが減少します。

長所としては傷が残らず永久脱毛も同時に行なえることです。

また、脱毛後の運動や仕事に制限がないことです。

短所としては焼灼するのが一部のため効果が弱い(軽い腋臭や多汗の人向きである)ことがいえます。

また、繰り返し行なうので終了まで5~10回位(約1年程)かかることです。

ボトックスの注射をする

本来ボトックスは「多汗症」の治療に用います。

しかし、汗の量の減少とともに腋臭も減少します。

腋臭の原因は、細菌による分解も関係するため、まったく腋臭がなくなるわけではありません。

長所としては傷が残らず、注射後の入浴や運動に支障がないことです。

短所としては効果が約半年から10ヶ月程度である(効果の維持のためには繰り返し注射する必要がある)ことです。

汗が100%出なくなるわけではないので汗をたくさんかいた時は少し腋臭が残りやすいです。

汗腺凝固の針を皮下挿入し、汗腺を焼く

絶縁針を汗腺専用に作り直した特殊な針を用いてアポクリン腺のみを凝固する方法です。

局所麻酔下で行ないます。

術後少し腫れと赤みが続きます。

上記の絶縁針脱毛法に改良を加えて、アポクリン腺の焼灼面積を増やして効果を上げます。

長所はほとんど傷が残らないことです。

まれに針穴が目立つ人がいます。

短所は、効果が30~50%くらいの減少にとどまることです。

少し操作に慣れが必要なことです。

針が太いため、「火傷」を生じる可能性もあります。

超音波法による手術

局所麻酔下に1センチ程度の切開を加えて「超音波メス」を皮下に挿入します。

超音波で剥離と汗腺の除去を同時に行なう方法です。

長所は、超音波の剥離ですと皮下の索状の構造は残るため完全に皮膚が剥離されないことです。

術後の皮膚片の位置のズレが起こりにくいことです。

全体の傷の治りも早いです。

わきが手術後の出血が少なく、そのため圧迫や固定が軽くて良いこtもあげられます。

短所としては、索状物周囲のアポクリン腺が残ることです。

アポクリン腺の分解を過度に行なうと皮膚の裏側から熱傷が生じます。

目で見て確認できないため終了するポイントは経験と勘が必要な点等があげられます。

吸引法による手術

局所麻酔下でワキ部を1~2センチ切開し、腋毛部分全体の皮下を「はさみ」で剥離します。

脂肪吸引の吸引管を改良して先端に掻破用の刃をつけた管でアポクリン腺を皮膚の裏から削るような形で吸引しながら除去します。

長所は傷の長さが短くてすむことです。

手術時間が短いこと。

短所は皮膚を剥離した後「止血」ができないこと。

裏からあまり削ると線状瘢痕が目立つこと。

圧迫を厳重にしないと「血腫」を生じやすいこと。

吸引管はまっすぐなので届きにくい部分のアポクリン腺が残ること。

終了ポイントがわかりにくい点などが挙げられます。

クワドラカット法による手術

上記吸引法とよく原理は似ていて、吸引管の内筒にアポクリン腺を削り取る回転式の刃があります。

吸引法より確実かつスマートにアポクリン腺を除去します。

長所は管が細いため傷が吸引法よりさらに小さくてすむ点です。

アポクリン腺の取り残しがさらに少ないこと。

手術時間が短いことです。

短所は吸引法とほぼ同じです。

それ以外には数回で刃が使えなくなるので手術のコストがかかります。

手術費用に反映される点があげられます。

レーザー(スマートリポ)によるアポクリン腺の破壊

局所麻酔下でワキ部に2~3mmの穴を皮膚に開けます。

その箇所にレーザー照射用のファイバーを挿入します。

ファイバーを前後に動かしながら腋(わき)の毛の範囲のアポクリン腺にレーザーを照射して破壊します。

本来、スマートリポは「レーザーによる脂肪細胞の破壊」を目的としています。

アポクリン腺もその形状が脂肪細胞とよく似ているのでこの装置で破壊が可能です。

長所は 皮下を剥離しないので出血がほとんどないことです。

出血に伴う血腫などの合併症を起こさないこと。

傷跡がおそらく最も小さいこと。

傷の直りが早いこと。

圧迫など術後の安静がほとんど不要なことです。

短所は1回の手術でアポクリン腺を完全に破壊することはできないこと(効果は50%程度)ですね。

あまり長時間照射すると皮膚に「熱傷」の可能性があること。

前後の移動操作が遅いと同様に「熱傷」を生じる可能性があるため操作には十分な経験が必要です。

反転剪除法(皮弁法、剪除法)による手術

局所麻酔下に腋のしわに沿って3~5センチ程度切開して皮膚を剥離します。

皮膚を“反転”し、アポクリン腺を目で見て確認しながら切除します。

出血部分を確認して止血後皮膚を元の位置に戻して切開部を縫合し圧迫を加えて終了するわきが手術方法です。

長所は、目で見て確認しながらアポクリン腺を除去するので取り残しが無いことです。

止血も十分行えるので出血による合併症の確率が少ないです。

短所はやや傷が長い点です。十分止血しても「血腫」はある確率で生じること。

アポクリン腺の範囲が広い人(剥離範囲の広い人)は傷の治りに時間がかかる点です。

切除法による手術

腋の毛の範囲にアポクリン腺があるので、腋毛部分の皮膚をすべて切除する方法です。

局所麻酔または全身麻酔で行なわれます。

以前よく行われていましたが最近あまり行なう医療機関は少ないようです。

長所は皮膚すべてをとるので「完治」することです。

短所は長い傷が残ること。腋毛がなくなること。皮膚を取りすぎると拘縮が生じて運動障害の可能性もあることです。

皮下組織削除法による手術

局所麻酔下でワキ部に1センチ程度の切開を加え、皮下を剥離します。

皮下組織削除器と呼ばれる鋭利な刃のついた機械を挿入し一気に皮膚のアポクリン腺とエクリン腺の一部を削りとります。

術後は「ダブルタイオーバー」と呼ばれる方法で強固に圧迫します。

長所はアポクリン腺だけでなくエクリン腺も除去できるのでほとんど汗をかかなくなります。

最も確実で効果的な方法といえます。

短所は真皮が削れるので血流が乏しくなり「血腫」や「感染合併症」を起こした場合、皮膚の「部分壊死」を生じやすいことです。

機械の操作に慣れていないと薄く削りすぎたり汗腺が切開部周囲に残ります。

あなたはどの方法を選ぶ?

以上の治療法についていろいろ挙げましたが、どれが良い方法であるか結論はありません。

それぞれの方法を専門にされている先生を選びましょう。

また今後新しい治療法も出てくると思います。治療を希望される場合、担当医から十分説明を受けてください。

わきが手術の口コミと体験談|効果があるのはどの手術法?

実際にワキガ手術を受けた方の口コミ、体験談を集めました。

ワキガの手術といってもピンキリです。

軽くできるものから徹底的にやるものまで複数あります。後者は臭いの元となる部分を完全に削除します。

結局どの手術がいいのでしょうか?

ワキガ手術で迷っている方は参考にしてみて下さいね。

保険がきく病院を選びました。

私はとにかく安く済ませたかったので、保険が利く病院を選びました。

保険治療だと手術法が限られますが、美容外科は保険が利かないところもあるので、保険治療を考えるなら確認したほうがいいですね。

手術前は、脇の匂いがきつくて、当然服にも匂いが移って一日でもうだめになっていました。

アウターでさえ何日か着ると匂いがして、本当にストレスでした。

でも、手術したら、わきの下に汗をかかなくなりました。

嘘のように匂いは消えてしまいました。

再発は今のところないです。

病院選びは、手術後通院しなくて良いとか、都合の良いことばっかり書いてある病院は避けましょう。

(30代女性)

母が手術しました。

母は軽度だったのですが、本人はワキ汗が多いことと洗濯するときににおいを気にしていました。

一緒に生活していても母を匂うなと感じたことはありませんでしたが、本人は気にして手術に踏み切ったようです。

病院では「ワキガというより多汗症だね」といわれたそうです。

ですから多汗症の日帰り手術をしました。

局所麻酔でチューブのようなものをワキから入れて汗腺をゴボゴボと吸い取ったそうです。

術後も痛みはほとんどありませんでしたが、テーピングしてるところがかゆいと言っていました。

ただ、効果はバツグンでした。

それ以来ワキ汗がまったくでなくなって、おまけにワキ毛も生えてこなくなったそうです。

汗腺を抜くときに毛根も消滅させてしまうとかで、ムダ毛も生えてこないそうです。

(20代女性)

切除法で手術しました。

私の場合は重度だったので、先生にも根こそぎ(汗腺を)取った方がいいと言われ、診察後即手術をしてもらえました。

術後は脇を包帯でしっかり固定し(ちょっと不自然な姿になりました)、数日後抜糸に行きました。

今でも再発はありません。

ただ跡はうっすらあります。

私は当時バンバン宣伝してた、か○がわクリニックで受けました。

保険はききませんでした。

医療ローンを組んで支払いました。

(30代男性 )

皮膚科で手術しました。

はじめはCMで有名な美容外科にいってみましたが、安易な問診と「今からすぐでもできます」といわれ、費用も今すぐローン組んで、みたいな押しつけがましいところがイヤでやめました。

その後皮膚科で受診しましたが、脇の様子と匂いの強さ、服のキバミから保険が適用できると診断されました。

手術は切除法でした。

麻酔はちょっと痛いですが手術中は何かが触っているという感じがしているくらいでした。

術後2年ぐらいは傷痕が少し硬く盛り上がっていましたが今は何にもありません。

ノースリーブでバンザイもできます。

術後は脇の剛毛も7割ぐらい減りました。

今ではつるつるで匂いも全然気にならないのが嬉しいです。

性格も前に比べて明るくなりました。

隣に人がいても匂ったらどうしようとドキドキしなくなりました。

お医者さんには片方ずつの手術を勧められましたが、両ワキ一度にやってしまったので、痛み止めは飲んでいましたが、3日ほど生活が大変でした。

美容外科よりもできれば皮膚科で相談されることをお勧めします。

保険が適用されると美容外科の10分の一ぐらいの費用だと思います。

(40代女性)

制汗剤をつけていては診断できないと言われました

『制汗剤をつけていると正しい診断ができません』の一言で診断してもらえませんでした。

確かに制汗剤をつけていたのですが、そんな言い方をしなくても・・・と思いました。

日を改めて制汗剤なしで受診すると、診断方法が臭いをかぐだけでした。

看護師一人と医者の二人で直接わきの下に顔を近づけてかぐので、びっくりしました。

しかも、耳垢のタイプなんか全く聞かれないし、家族にわきががいるかも聞かれませんでした。

何より、威圧的な態度が合わないと思い、他の皮膚科を受診しました。

すごく親身になってくれて、話を聞いてくれたのが嬉しかったですね。

耳垢は柔らかいので、においの程度に差はあっても、ワキガの素質を持っているとのことでした。

仕事の都合(カラダを使う力仕事が多く、長期の休みが取れない)や、においの程度から、大きく切開せずに済む超音波法で手術することに決断してきました。

料金は両脇で20万円で、万が一の再発時には2万円という料金設定でした。

レーザー脱毛したとしても10万くらいかかるそうなので、それなら手術してしまおうと思いました。

(20代女性)

手術してもニオイは変わりません

ワキガ専門の病院で手術をしましたが、臭いは変わらずあります。

傷跡だけが残ってしまいました。

野菜中心の食生活に運動、海外のデオドラントまで取り寄せて、二時間ごとにトイレで脇をアルコールティッシュで拭き、デオドラントを付け直しています。

それでもにおいます。

手術までしても治らなかったという方はいるのでしょうか。

こんなに、自分で出きる限りの対策はしているのに、周りからは『臭い』『不潔』と思われるのがつらいです。

ワキガでない人からしたらそう思ってしまうのも仕方のないことなのですが。

夜はお風呂に浸かり、朝もシャワーを浴びてそれからデオドラントをして電車に乗っています。

でも、他の人から「臭え」とか「降りろ」と言われ、つらいです。

(20代女性)