わきがは遺伝?遺伝する確率はどのくらい?

わきがが遺伝する確率は次のように言われています。

片親のみわきが体質の場合→50%

両親ともにわきが体質の場合→80%

遺伝には、形質が現れやすい優性遺伝と、形質が現れにくい劣勢遺伝があります。

わきが体質は優性遺伝で、親から遺伝しやすい特徴のひとつとされています。

これは匂いの原因であるアポクリン汗腺の数などが遺伝するからです。

ワキガは隔世遺伝する?

両親ともワキガではないのにワキガになるということもあります。

それは隔世遺伝した可能性があります。

もし子供がワキガかな?と思った場合、パートナーの親戚にワキガの人がいないか聞いてみましょう。

私の知り合いにも、隔世遺伝によりワキガ体質だった人がいました。

ある日突然わきがになる人はいません

「最近わきの臭いが気になり始めた。わきがになってしまったのかな」

「わきがではないと思っていたが、体質が変わったのでは」

こう考える人もいるかもしれません。。

しかし、わきがの原因であるアポクリン腺の数は生まれつき決まっているものです。

体質が変わってわきがになる人は、基本的にはいません。

最近臭いが気になってきたという人は、元々多くあったアポクリン腺が活発に働くようになったのでしょう。

突然汗腺の数が増えることはありえません。

近くにわきがの人がいたとしても、うつる可能性はありません。

わきがを遺伝させない方法はある?

子供に遺伝させたくない、つらい思いをさせたくない、親としてはワキガを遺伝させたくないとそう考えるのは当たり前です。

残念ながら遺伝させない方法は存在しません。

ワキガとは体質であり、その体質は遺伝によって決定します。

ワキガとそうではない体質違いは、アポクリン腺の数によって決まります。アポクリン腺の数が多い人がワキガということです。

遺伝によるわきがでも、臭いを発しない場合もある?

アポクリン腺の数は生まれつき決まりますが、その汗腺がどれだけ活発に働くかでニオイの強さが決まります。

アポクリン腺が活発であればあるほど臭いがきつくなります。

逆にアポクリン腺の働きを抑えることができれば臭いを抑えることができます。

それは生活習慣によるものが大きいと言われています。

動物性蛋白質や油を抑えた食生活
野菜や果物をたくさん食べさせる。
一緒に日常的に運動するようにする。

お肉中心の食事はニオイを活発にする原因となります。

なるべく野菜中心の食生活にしましょう。

毎日コツコツ続けることが大切です。

難しい料理を作る必要はないと思いますが、和食中心の食生活をこころがけましょう。

ジャンクフードやスナック菓子など、明らかに体臭に良くない食べ物を食べないようにすることも大切です。

ワキガの正しい知識を得ることが大切

子供にワキガが遺伝してしまったら、慌てずに、ワキガの正しい知識を得て、一緒に汗や臭いを対策しましょう。

一緒に取り組む姿勢が大切です。

まずは正しい知識がないと対策や治療を選択できません。

子供の場合は、手術をしてもアポクリン汗腺が成長してしまうことがありますので、なかなか手術はできません。

傷跡の残らない手術もありますが、高額になりますので、なかなか決断できないこともあるかと思います。

自宅でできる対策は、生活習慣の改善と、ワキガクリームを塗ることです。

有効成分が配合された効果の高いクリームが販売されていますので、合うものを探してみるのもいいでしょう。

ワキガが遺伝してしまったら親としてできること

思春期の子供が親に心を開くのは難しいかもしれませんが、ワキガ対策の一番最適な対処方法を常に探し続けましょう。

自分がワキガではなくてどう対策していいかわからないという人も多いと思います。

ですが、クリニックに相談するなどして、正しい知識を身につけ、対処していきましょう。

ワキガが遺伝したけど親に相談できない?

自分がわきがだと親に言えない子供はたくさんいます。

悩み続けて、社会人になり、ご自身で一人暮らしを送れるようになってからやっと手術を受けるという人もいるんですね。

わきがが理由で登校拒否になったり、いじめに遭ったり、自分に自信が持てないことで、引っ込み思案になったり、ワキガはとてもデリケートな問題です。

わきが』という言葉さえも聞きたくないし使いたくない!親がワキガだから自分もワキガだなんて口が裂けても言えない!

そう思っている人は多いんですね。

私も子供の頃ワキガだということを言えませんでした

私は中学生のころから匂いに悩み続けていました。

わきがは父の遺伝です。

でも、父がわきがだから自分もワキガだなんて言いたくありませんでした。

毎年夏が来るのがイヤで、汗が出るたびにびくびくしていました。

匂いに悩んでいること、人と話すのが怖いこと、自分が原因で周りに嫌な思いをさせているのではないかと思っていたけれど、一人で悩んでいました。

社会人になったある日、どうしても今年こそは手術をしたいと思い、勇気を出して母に話しました。

その後母が父に話しをして、「手術するって聞いたぞ」と普通に言って来たのには驚きました。

傷ついている様子もなく、普通でした。

その後いくつかのクリニックのカウンセリングを受けました。

納得できるクリニックで手術をし、ワキからの匂いは全くしなくなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です