すそわきがに悩んでいた20代の頃

私は、20代の頃、すそわきがを気にしすぎて疲れてしまいました。
デオドラント石鹸で洗っても、やはり臭ってくる気がして、人に近づくのもこわかった時期もあります。

周りの人に迷惑をかけるのではないかと思って、実は引きこもっていた時期もあったんです。

彼氏ができてもデートも楽しめず、そういう雰囲気になっても、拒んでいました。

そうしているうちに彼ともすぐにダメになってしまいます。

私にはちゃんと人を好きになる資格もなければ、結婚もできないのではないかと悩むようになってしまいました。

すそわきがは性的刺激でニオイが強くなるといいますが、それを考えると、申し訳なくて彼氏をつくるのもイヤになります。

すそわきがのニオイの特徴

すそわきがのニオイは、すっぱい、納豆のような刺激臭です。

ひどい時は、生ごみのニオイがします。

こんなニオイがしているなんて、絶対に他人にばれたくありません。

恥ずかしくて死にそうです。

ニオイを気にしすぎ?

ニオイに関する本を読んでいると、「体臭恐怖」という心の病気があることを知りました。

もしかしたら私はそれではないかと思い、さらに調べてみました。

「自分は他人に悪印象を与えているのではないか?」
「自分は変に見られていないか?」
「軽蔑されていないか?」

と思うことです。

これはまさに私にあてはまっていて驚きました。

他人を恐れる対人恐怖と違って、自分の状態を恐れてその結果として他人を恐れている症状なのです。

自己恐怖症は、妄想や思い込みによる体臭の悩みや、対人恐怖です。

私も、もしかしたら気にしすぎなのかな?と考えてしまいました。

すそわきがではなくて病気なのかも?

すそわきがではなく、私は病気なんじゃないかと思って、産婦人科にも行ってみました。

でも、特に異常はありませんでした。

ただ、すそわきがの手術は、そうであるかどうかの判断が主観的で、とても難しいと言われてしまいました。

手術自体は簡単なのですが、実はすそわきがではなかった場合、ニオイはそのままです。

すると、お金と時間をかけて何の意味もなかったということになるのです。

それはイヤだな、と思いました。

すそわきがのニオイをどうやって解消したか

私は、たくさんのニオイ対策せっけんなどを使ってきましたが、一番効果があったのはジャムウソープというものでした。

ジャムウソープとは、インドネシアのハーブで、独特の調合でニオイに効果があるというものです。

それを日本人用に調合した石鹸が、ネットなどでたくさん売っているのです。

私は興味を感じていろいろ買って試してみました。

その中の一つにとても効果があると感じました。

それ以来、しばらくリピートして使っていました。

確かにニオイが抑えられている気がしましたし、ニオイが気にならなければとても気分が楽に過ごせて、本当によかったと思っています。

ジャムウソープが効かない?

これは気のせいかもしれないのですが、ある時から、あまりジャムウソープが効いていないような気がしてきました。

せっかくいい石鹸を見つけたのに、すそわきがのニオイが抑えられなくなるなんて・・・と私はショックでした。

柿渋石鹸も、ちょっと高いデオドラントボディソープも試してみましたが、やはりだめで、私は本当に疲れ切っていました。

もしニオイのない体質だったらこんなに苦労することもなかったのに、自分だけ損しているような、そんな気分になりました。

本当ならすそわきがのニオイなんかに悩んでいないで、もっと友達と遊んだり、ヨガ教室に通ったり、彼氏をつくって海に行ったり、今しかできないことをもっと楽しみたかったんです。

でも、それがすそわきがのために全くかなえられないなんて、そんな理不尽なことはないな、と思うと情けなくなりました。

私は、何とかしてこのニオイを解消して、もっと人生を楽しもうと決意しました。

ニオイ対策クリームを使ってみました

すそわきがのニオイを改善するのに、ジャムウソープも効果がなかったので、次はニオイ対策クリームを探しました。

ちなみに、ジャムウソープは一応使い続けています。

ニオイ対策クリームは、最近たくさんの種類が出ていますよね。

実際、私は半信半疑だったんですが、いくつかの商品を買ってみました。

回数縛りのないものを選んで、ネットで買いました。

なぜなら、回数縛りがあるものは、効果がなくても2回目とか3回目もお金を払わなくてはならないからです。

それはもったいないですよね。

私は慎重にそういう商品を探して、ニオイ対策クリームを購入しました。

ニオイ対策クリームの効果は?

ニオイ対策クリームの効果は、あったように思います。

毎日、朝とお風呂上りに塗りました。

朝は、ウェットシートできれいにしてから塗りました。

塗り方は、外陰部に塗ります。

ニオイの元は外陰部にあるので、そこを除菌して、清潔に保てばニオイもなくなると説明書に書いてありました。

私は効果を感じたので、何度かリピートしました。

もしニオイがなくなったらまた他のを試せばいいという開き直った気持ちもありました。

ムダ毛は処理する?

ムダ毛ですが、それまであまり処理をしていませんでした。

でも、ニオイ対策クリームによると、ニオイを気にするなら無駄毛処理をした方がいいと書いてあったので、思い切ってそってみました。

ニオイ対策にはそれがよかったのかもしれません。

脱毛サロンにも行ってもいいな、と思いました。

すそわきがのニオイは生ごみのニオイ?対策方法とは

でも悩んでいましたが、陰部のニオイも気になっていました。

わきがの原因であるアポクリン汗腺が陰部にもあって、活発に働いているなら、すそわきがのニオイを発します。

それは生ゴミのような、何とも形容しがたいニオイなんです。

人と話していても、気付かれているんじゃないかと心配でたまりません。

しかも、こんなニオイがしていては、彼氏をつくるなんていうことは到底無理じゃないかと思うんです。

そのニオイ、本当にすそわきが?

あまりに気になって、クリニックに相談に行ったことがあります。

その先生にアドバイスしていただきました。

すそわきがも、ワキガと同じアポクリン汗腺が原因です。

私のようにワキガの場合は、すそわきがの可能性もある訳です。

でも、日本人の場合は、脇以外にアポクリン汗腺が存在すること自体が珍しく、あったとしても、活動していないことが多いんです。

性器周辺の他人にも感じる程度のニオイを発することがあり、それを俗称として「すそわきが」と呼んでいます。

また、すそわきがの特徴としては、アポクリン汗腺は、性的な興奮によって活発になります。

なぜなら、性的な興奮が、自律神経のうち交感神経の活動を促し、それがアポクリン汗腺を刺激するからです。

ですから、もしベッドでニオイが強くなるようであれば、すそわきがの可能性もある訳です。

デリケートゾーンの臭いの原因は?

すそわきが以外のデリケートゾーンの臭いとしては、

  • 股間部のエクリン戦からの汗
  • 小陰唇にある皮脂腺のニオイ
  • オリモノのニオイ

などの場合が多いです。

婦人科を受信して、ニオイが病気などの原因ではないことを確認しましょう。

ニオイは病気のサインであることが多いからです。

すそわきがの対策方法

実は、外陰部のアポクリン汗腺は、脇のように肉眼ではっきりわかる大きさではないんです。

試験切開もできませんし、本当にすそわきがなのかどうか、事前に確認することはできません。

実際、来院する人の中には、「すそわきがなのでは・・・」とニオイが気になってしかたない「自己臭妄想」の人もいます。

そうしても気になる人は治療にふみきって、効果があれば「すそわきが」だった、と判断して治療を続けることになります。

すそわきがの治療法は、手術ではなく、「電気凝固法」という方法が適しています。

これは、陰毛の毛根に絶縁針を刺して通電し、アポクリン腺を凝固させる治療法です。

一度クリニックに行って相談してみましょう。

すそわきがで自宅でできる対策は

陰部のニオイの対処方法は3つありますので、試してみて下さいね。

①専用石けんで優しく洗う

デリケートゾーンは角質層が薄いため、乾燥などの刺激を受けやすい部分です。

ボディソープでゴシゴシ洗っていては、逆効果です。

また、デリケートゾーンは、『尿』や『おりもの』など、アルカリ性の物質に常に触れているところ。

一般的なアルカリ性の石鹸やボディーソープを使うと、必要な常駐菌まで落としてしまい、臭いが悪化します。

肌へ強い負担がかかってしまい、それが黒ずみの悪化にも繋がります。

もし、普通のボディソープを使っているのであれば、石鹸選びから始めましょう。

デリケートゾーンの臭いの原因は、汗が酸化する事によって嫌なニオイを発してしまうこと。

酸化を抑えるアスタキサンチンがしっかり消臭!

アスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍、コエンザイムQ10の150倍以上もの抗酸化力があるんです。

ですから、確実にニオイのもとを断ち切る事が出来るんですね。

②織物シートを使う

陰部の生ゴミのニオイが気になる人は、織物シートを使ってみましょう。

デリケートゾーンのニオイは、下着の繊維に移って拡散します。

下着にニオイを移らせないことが大切です。

また、織物の量が多いとニオイの強くなります。

こまめに織物シートを取り換えるだけでも、夕方の臭いがだいぶ違ってきます。

③臭い対策クリームを使う

私がオススメするのは、ニオイ対策クリームを使うことです。

私が使っているのはクリアネオ。

クリアネオは有効成分がしっかり配合された効果のある臭い対策クリームです。

イソプロピルメチルフェノール配合で、菌の増殖を抑えます。

パラフェノールスルホン酸亜鉛という薬用成分によって汗も抑えられます。

汗の分泌をコントロールすることができれば、ニオイを原因からしっかり抑えることが出来るんですね。

そして、柿渋エキスに含まれる「柿タンニン」という成分が、臭いを解消してくれます。

柿渋には、消臭剤でよく使われている茶カテキンの25倍の消臭効果があると言われています。

柿渋は自然の成分ですから、体にも優しいんです。

ニオイ対策クリームをを試してみた効果とは

ニオイ対策クリームは、塗って1~2分でサラっとするので、デリケートゾーンがサラサラするのを感じました。

体感的には、8~9割ほど匂いが抑えられる感じがしました。

鼻を近づけると匂う程度です。

ニオイを気にしなくてもいいというだけでも、毎日が楽になりました。