ワキガ 治療方法|ミラドライの体験談とデメリット

ミラドライは、多汗症の治療法のひとつです。

全国の皮膚科や美容外科のクリニックに導入されています。

この治療法は、夏の時期などに汗のにおいに悩まされている女性にとって、非常に画期的なものです。

治療効果が長く続くことが利点として挙げられます。

ミラドライの安全性についても、国内の医療機関や研究機関からも認められています。

もはや多汗症の根本的な改善を目指すためにもなくてはならないものとなっています。

また、ミラドライの効果はわきがの人に対しても一定程度有用であることが分かってきており、優れた医師による治療を受けることが望まれています。

ミラドライは全額の自己負担が求められるため、30万円ほどかかります。

ミラドライも選択肢の一つ

ミラドライはワキを固定する必要もないので、魅力的な手術方法です。

すぐシャワーも浴びられるというところもいいですよね。

私は昔から汗と匂いが悩みでした。

大人になって緊張しただけで汗が出たり、服に染み付く匂い、グレーの服を着ると汗が目立つなど憂鬱になりました。

でも、この悩みが短時間の手術で解決するならいいな、と思い、調べてみました。

ミラドライの手術手順は?

ミラドライは、上半身は何も着ない状態でその上からタオル地の布を巻きます。

ベッドに仰向けで手を上げて麻酔の注射をします。

麻酔注射は、回数が多く、グリグリ中に注射が入ってくるので辛いようです。

注射が終わるとミラドライが始まります。

全く痛みはなく、目隠しされたので、寝てしまいそうになります。

来院して2時間くらいで終わります。

クリニックによって違いますが、個室で説明をうけて、別室に移動して先生からの説明やカウンセリングがあります。

脇にティッシュを挟み汗と匂いをチェックされます。

その後別室に移動し支払いをして完了です。

施術が終わると少し冷やして着替えて塗り薬飲み薬、アイスパックをもらいます。

全く痛みはないようです。

ワキが水膨れみたいにボコボコした感じでテニスボールを挟んでる感覚になることもあるようですが、すぐに元に戻ります。

ミラドライの体験談

高校生のころから脇のニオイが気になりだしました。

ワキガではないと思うのですが、汗をかいた時に嫌なニオイがします。

大学生のころから本格的に治したいと思っていました。

手術になると高額ですし無理だなと思っていました。

そんな時、テレビでミラドライを知りました。

そこから調べてみるとメスも入れないし、安い金額ではないですが、これで悩まなくて済むなら、と思いました。

注射が大嫌いでで、この施術を行うにあたって麻酔をするので仕方ないのですが、そんなに痛くはありませんでした。

でも、注射が大嫌いな私にとってはつらかったです。

かかった時間は全部で2時間程でした。

半分ぐらいは麻酔の時間でした。

でも、先生も声を掛けながらして下さいましたし、私のペースでして下さいました。

クリニックに着くと、お会計がありそこから案内され施術という流れでした。

施術の前にも受付の人に術後の気をつけることの説明がありました。

部屋に入ると着替えてベッドに寝転ぶ→タオルを掛けられマーキングをされる→写真を撮って消毒される→麻酔の注射をされミラドライをするという流れです。

部屋に入って横を見ると麻酔の注射器の用意がされてあってその数は多かったです。

当日は安静という事で、何もしなかったです。

麻酔が切れてきたら痛みがあると聞いていました。

その痛みも人それぞれと聞いていたのでどんな痛みが襲うのか、、と怖かったです。

一応痛みが出たときにと痛み止めを貰いました。

私は痛みはそんなになかったです。

麻酔のせいなのか眠気がありアイシングをしながら早めに寝ました。

痛み止めを飲むことはありませんでした。

痛みは当日の夜と次の日にあると言われていましたが、次の日になった今も薬を飲んでないですし、今後飲むようなことは起きなさそうです。

まだ脇と腕もぷるぷるです。腫れが引くのはまだ時間がかかると思います。

内出血ですが、全然出ていなませんでした。

ミラドライのデメリットは?

緊張汗がひどく、匂いが気になっている人が選んでいるミラドライ。

ミラドライというのは機械の名前です。

父の影響で耳垢も湿っていて汗も黄ばんでいたし、家族に指摘され辛い思いをしているワキガの人の悩みを救うために開発されました。

ただ、デメリットとしては、再発することがあるということです。

また、麻酔注射をするので痛みはありませんが、術後には痛みが出るということです。

3時間麻酔が切れてからジンジンしてくるという人もいます。

また、もう一つのデメリットは、近所にミラドライしてくれるところが少ないということです。

遠くまで通う必要があるという人も多いですね。

効果は永続的ですが、三ヶ月、六ヶ月経たないとわからないようです。

施術自体は痛くなくて、術後が痛いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です